fc2ブログ
ネットで稼ぐ!とかブログでお小遣い稼ぎ!とか思っても時間がない、でも1日1時間程度でもやってみることにしました。アンケートサイトを中心とした実録です。更に利殖できたら良いのですが・・・。
儲かるのかどうか実践中
○投資をする (円安との闘い)
2022-08-06-Sat  CATEGORY: ネットで稼ぐ

・なぜ戦いが必要なのか
 円安だと、米国株を買うのにお金がかかるのです。だから少しでも安く買って配当金をもらう際には円安だとたくさんもらえるので良いです。
 つまり安く買って高くもらいたいわけですから、こうした戦いが必要になるのです。

・円安でも円高でも
 どちらにも良い点と悪い点があり、状況に応じてそのメリットを活かすことを考えればいいということだと考えています。
 日本の物価高騰は止まるはずはないので、当然続くと思っています。

・金融政策から考えて
 緩和政策である以上、金利ではなく量で緩和しようとしているなら、円安、物価高は行きつく先として当然なのです。給料が上がらないことだけが不自然なのです。言ってしまえば経営者に能力がないからということになるのかもしれませんし、別の理由があるのかもしれません。
 ただ、個人として社会と向き合い何をして生きていくかは考えるべき、何が正解かはわかりませんが、行動してみるのが良いと考えています。

スポンサーサイト



SEO対策:ブログ
[Edit] ページトップへ  トラックバック0 コメント0
○投資をする (配当金生活を夢見て)
2022-07-30-Sat  CATEGORY: ネットで稼ぐ

・配当金生活をするには
 例えば、リターンが3%あって、100万円の投資をしていれば、年間3万円の収入が見込めます。これを10倍の規模で行うと、30万円。100倍の規模で行うと300万円の収入が見込めるわけです。

・どんな金融商品であっても
 残念ながら、現行ではそのような金利を見込める金融商品は見当たらず、日本株でもそんなに多くの配当金を出している会社は多くありません。その上、その配当を永続的に出してくれるわけではないのです。
 ゆえに、渡り歩くような真似をして何とか配当金を多く集めるようなやり方が必要になります。

・配当が安定しているのは 
残念ながら日本株でなく、米国株の方が配当金に関しては有利なようですね。米国株を買って配当金を得て、日本国内で消費すると、日本の外貨獲得になり、日本経済を有利にする効果が見込めるので、みんながやると日本の経済が上向くかもしれませんし、円安の状況では、ドル建ての配当金の破壊力というか、購買力がさらに上がるので良いかもしれませんね。
 

SEO対策:ブログ
[Edit] ページトップへ  トラックバック0 コメント0
○投資をする (この状況を呼んだもの)
2022-07-24-Sun  CATEGORY: ネットで稼ぐ

・NYの食費事情から考えて
 明らかに世界的に見て日本人の生活の中の食費は安い。今、物価が上がり始めていますが、おそらく適正な価格ははるかに上なのかもしれないと感じています。米国の量的緩和はこれくらいのインパクトがあったという事実から、何か不自然さを感じます。

・日本の量的緩和の量はどこへ行った
 そうなのです。量的緩和を日本だけが続ければ、インフレになるはずなのです。もちろんステルス値上げなどは横行していましたが、日本人の収入にその量は多く回ってきていた印象は強くはありません。
 そう、日本の企業は、その増えた量をどこに使ったのでしょうか。

・企業の内部保留と、個人の貯金
 流通としてのお金が増えないことで、経済への刺激は減り、収益の増加は望めず、やがて、量的緩和のつけが回って、円は安くなりました。それでも賃金を上げたら会社が持たないという経営者を守ってきたのが日本とも言えるのかもしれません。
 さて、こうなると労働者で生きていく人の行きつく先は危険なところになりそうですね。
 やはり、経営者としての視点で生きていく道を探さないとならないのかもしれませんね。
 
SEO対策:ブログ
[Edit] ページトップへ  トラックバック0 コメント0
○投資をする (この日本を生きる)
2022-07-16-Sat  CATEGORY: ネットで稼ぐ

・物価が上がる
 これがインフレなら、収入も増えていくので悪くないです。しかし現状はそうではない。国際競争力を失っている日本の価値は世界から見てダダ下がりと言えるのかもしれません。
 物価が上がるのは世界中の買い付けの根付で他の国に負けているから、高く買うしか道がなくなってきた結果ともいえるでしょう。

・安く仕入れて高く売るの構図は
 現状、高く仕入れてより高く売ることになります。まあ、NYの食事の費用なんか、日本で食事をすることを思えば、信じられないくらい高いので、外国人が日本に来たら豪遊できる感覚は当然でしょうか。
 日本の産業は、合理化で値上げをしないというラインで生きてきたので、余裕がなく、余裕を持つことなく価格に転嫁しているので、労働者の収入に返ってこないように見えます。

・どう生きる
 日本企業は、これ以上従業員に利益を配分してはくれないと思います。それは、中小企業が給料を上げたら会社が持たないという理屈に国が支援する構図を持ってきたから、人を安く使うことでしか生き残れなかった会社がいっぱいあるということでしょう。
 世界的にみてより厳しい経営を要求されてこなかったともいえるし、労働者が富める構図は作られなかったとも言えます。
 何はなくとも過去の結果が今である以上、その条件を背負って戦い抜く他ありません。どう生きるか、自分たちは試されているのだと思います。
 
SEO対策:ブログ
[Edit] ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2022/08 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 儲かるのかどうか実践中. all rights reserved.