ネットで稼ぐ!とかブログでお小遣い稼ぎ!とか思っても時間がない、でも1日1時間程度でもやってみることにしました。アンケートサイトを中心とした実録です。更に利殖できたら良いのですが・・・。
○投資をする (リスクヘッジ)
○投資をする (リスクヘッジ)
2017-08-05-Sat  CATEGORY: ネットで稼ぐ

 リスクヘッジという言葉がある。単純に言えば両賭けである。リスクを分散させるために、上がると下がるの両方に賭けること意味した言葉だが、まじめにそうしても儲からないので、投資を一本化しないで分散することを意味する。

 株式投資とFXとか、複数の投資をやることで、両方で負けない限り、互いに補いながらやっていく方法といえる。
もちろん、勝つ理論があってこその話である。

 だいたい負けるだけなら投資など意味がない。一定以上勝てるからこそ投資する意味があるのだ。
まあ、そんなに画期的に儲かるようなものではないが、投資に過剰な期待をするべきではない。

 ただ、ひとつ言えるのは、投資は足し算の経済ではない。掛け算の経済が成立する。
 5%儲かるならいくらが元手でも5%である。

 働くのは足し算の経済なので、働ける時間の限界が稼ぎの限界になるが、掛け算の経済は元手さえあればいくらでも稼げるのだ。
1億の5%は500万なのである。株の税金は2割だから、400万の手取りになる。
 月30万で暮らしても40万のボーナスがあるということだ。

 しかし元手が10万しかなければ、5000円に過ぎない。そんなものである。
しかし、継続すると話が変わってくる。いわゆる複利計算というものが成り立つようになる。増えた金額も利益の源泉になっていくのである。

 もし1回で1割稼ぐと考えてほしい。確実に勝てる前提なら、7回で資金は倍になっている。
 14回で4倍である。21回であれば8倍になる。

 投資の儲からないは、元手の少なさから来るものである。
 そして投資の儲かるは元手の大きさと継続性から来るものである。

 そのどちらも真実なのである。
 もちろん、途中で負けて、元手を失うようなへまはできない。そこで、もうけを減らしても継続性を確保するヘッジが重要になる。

 とりあえず、稼ぎは少ないが投信を始めることにした。
 ヘッジ先として育つには時間がかかるが、何もしないよりはいいだろう。

 勝負は常にこれからである。

スポンサーサイト
SEO対策:ブログ
[Edit] ページトップへ  トラックバック0 コメント0
営業目的でコメントを書かれる方へ
 営業目的のコメントであっても構いませんが、記事に対するコメントがないと人の記事は読まず、自分の記事だけ読ませようと言う姿勢と取られてしまう恐れがあります。せめて記事のどこかについてコメントし、あなたのモラルの高さを示した方が、より高い宣伝効果が期待できますよ。どうせならあなたのモラルの高さも一緒に宣伝しましょう。

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 儲かるのかどうか実践中. all rights reserved.